ちんこを硬くする方法まとめ|勃起時にガチガチにしたい

ちんこを硬くする方法まとめ|勃起時にガチガチにしたい ペニス増大

女性の中には、ペニスの大きさよりも硬さを重視する人は多いです。「たとえ大きくても、硬さがなければ気持ち良くない」と感じる女性も多く、女性をセックスで気持ち良くさせたいのなら、大きさだけではなく硬さも重視するようにしましょう。

ガチガチに硬くなるペニスはメリットばかりです。セックスで得られる快感も、男女共に変わってきます。

ここでは、そんなペニスをガチガチにするメリットや硬くする方法を紹介していきたいと思います。

ちんこをガチガチに勃起させるメリット

ガチガチに勃起するペニスに憧れる人に向けて、まずは、硬いペニスで得られるメリットについて解説していきます。

ガチガチに勃起してたら興奮する

女性から見て、「ふにゃふにゃのペニス」と、「ガチガチに勃起したペニス」なら、どちらが興奮すると思いますか?これは一目瞭然で、ガチガチに勃起したペニスで間違いありません。

ガチガチに勃起して、反り返っているようなペニスを見ると、女性はそれだけで興奮してくれるでしょう。男性のパンツを下ろして、反り返ったペニスがそこにあったら、女性は一瞬で火が付きます。

たとえそれまで女性の興奮が足りない状態だとしても、そんなペニスを見るだけで、もう臨戦態勢に入ってくれるのです。ガチガチに勃起させたペニスは、女性に火を付けることができるメリットがあります。

硬いちんこのほうが女性が喜ぶ

挿入したときの気持ち良さにも大きな違いがあります。

ふにゃふにゃのペニスだと、入っているのか入っていないのかわからないくらいの感覚ですが、ガチガチのペニスですと、突き刺されている感覚を味わえるものです。

「ゴリゴリ奥に当たる」という表現、AVなどで聞いたことがありませんか?これは、ペニスが硬いことで押される感覚を味わえ、それが快感になっているものです。決してふにゃちんでは味わえないものなので、硬いペニスの男性を求める女性が多いのにも納得です。

また、ガチガチに勃起したペニスは凶器だと表現されることもあります。女性はそんなものを挿入されると、「凶器で犯されている」と感、どんどん気持ちを高めることができるのです。

だからこそ、硬いペニスを挿入されると、あそこまで乱れる女性が多いと言えるでしょう。

硬くて中折れしないちんこになる

柔らかいペニスでは、挿入時に男性側も気持ち良さを味わうことはできません。ふにゃふにゃの感覚なので、受ける刺激も少なくなるものです。

硬いペニスでは、一度のピストンで受ける快感が変わってきます。女性の膣の中の感覚をダイレクトに受け止められるので、中折れをすることもありません。

中折れは、硬さが足りないペニスで起こってしまう現象です。硬さが足りないから刺激を受けられず、どんどん萎えていくものです。ガチガチに勃起したペニスは萎えることなく、常にその硬さをキープして射精まで導けるでしょう。

ちんこはなぜ硬くなる?ガチガチになるメカニズム

意外に知っている人が少ない、ペニスが硬くなるメカニズム。男性の中でも、正しい説明ができる人は少ないものです。

ペニスが硬くなるメカニズムを知ることで、「どうすればペニスを硬くできるのか?」という問いに答えを出せて、自分で対策を考えられるようになるでしょう。。

ここでは、そんなペニスが硬くなるメカニズムについて、解説していきます。

血流が良くなった結果、ちんこが硬くなる

勃起は、ペニスにある海綿体という部分に血液が送られる量が多くなることで起こるものです。興奮すると、血流が多くなり、大量の血液がそこに流れていきます。

だからこそ、血流が悪くなってしまうと、硬さが失われてしまうものです。病気や加齢で血液の流れが悪くなると、それだけで勃起時のペニスの硬さが失われます。

勃起と血流は密接な関係があることを忘れないようにして下さい。

性的興奮やオナ禁によってちんこがパンパンになる

血流だけではなく、性的興奮が大きかったり、オナ禁をしているとペニスはパンパンになるものです。

もの凄くエッチな体験をしてたり、好きな女性とセックスをする時というのは、それだけ性的興奮が大きくなるものです。好きでもない女性や、貧相な体をしている女性とのセックスでは、ペニスをガチガチにするのは難しくなります。

また、ペニスをガチガチにしたいのなら、オナ禁がおすすめです。常にオナニーをしていると、それだけ受ける刺激が多くなります。刺激に慣れてしまうことにもなるので、オナニーはできるだけしないほうがいいでしょう。

性欲が溜まっている状態のほうがペニスは高くなります。無駄な射精をせずに、気持ち良いセックスができるようにオナニーの回数を減らしてみたり、オナ禁をしてみたりして下さい。

ちんこの硬さの基準についてまとめてみた

以下の表はペニスの硬さを他のもので例えたものです。勃起時のペニスの硬さをチェックして、自分の硬さのレベルを知るようにしましょう。

レベル硬さの例えペニスの状態
1フニャフニャ勃起しない
2コンニャク勃起して大きくなっても全く硬くない
3ミカンフニャフニャで挿入できない
4グレープフルーツ硬いけど、力を加えると凹む
5リンゴガチガチで硬い

レベル2以降が勃起状態となります。レベル2のコンニャクレベルの硬さでは、挿入は難しくなります。挿入時は、ある程度硬くないと挿れづらいものです。

また、このレベルの硬さでは、女性を気持ち良くさせるのはほぼ無理です。セックスで女性を気持ち良くさせたいのなら、何らかの方法で硬さを上げることをおすすめします。

レベル4以降からは、挿入も比較的簡単にできるようになります。特に、レベル5のリンゴのような硬さですと、すんなり入り、ピストンをするたび女性が卑猥な声を上げて感じてくれるでしょう。

ちんこを硬くする方法

上記の表を見て、自分の硬さのレベルが足りないと思った人は、ペニスを硬くする必要があります。フニャフニャのペニスだと、最悪の場合、セックス自体ができなくなってしまうので、対策は必ず必要です。

ここでは、そんなペニスを硬くする方法をいくつか紹介していくので、是非参考にしてみて下さい。

塩分を控えて血圧を下げる

血圧が高い状態が続いてしまうと、それによって血管を痛めてしまいます。そうなると、血流自体も悪くなり、勃起時の硬さにも影響するものです。

塩分の摂りすぎは血圧を高めてしまいます。世界保健機構(WHO)では、塩分は1日5グラムまでと定めています。食品成分表に塩分の記載がされているので、こちらをチェックして、塩分が多い食べ物は控えるようにして下さい。

塩分の摂りすぎは、他の病気も併発してしまいます。勃起しなくなるだけではなく、命に関わる大きな病気をすることもあるので、注意するようにしましょう。

軽い筋トレをして運動不足を解消する

血流を良くするには、運動は欠かせません。そこまで負荷が強い運動ではなくていいので、軽い運動くらいは日常に取り入れるようにしましょう。

時間がかからない軽い筋トレをしたり、家の近くをウォーキングをしたりと、運動強度が低いものでかまわないので、日頃から運動をする習慣を付けておきたいところです。

チントレをすることでちんこを強くする

ペニスの硬さを増すためのトレーニングをチントレと呼びます。セックスを仕事としている、AV男優などがよくしているもので、ペニスの硬さアップや、中折れ防止の効果があります。

チントレには、いろいろな種類があります。その中から、自分に適したものを見つけてみて下さい。

このチントレは、続けることが大事です。1回しただけでペニスが硬くなることはないので、何ヶ月も続けて効果を実感してみて下さい。

セックスに慣れて緊張をほぐす

「オナニーではペニスがガチガチに硬くなるのに、女性とセックスをするときは硬くならない」という人は、精神的な部分が硬さに影響していると言えます。

セックスに慣れていないことで、緊張し、その緊張が原因でふにゃふにゃになる人は案外多いです。

このような人は、セックスに慣れるしかありません。何度も何度も女性とセックスをして、「セックスは特別なものではない」ということを頭に刷り込むのです。

セックスになれるために、手っ取り早くヤレる女性と何度もプレイしてみて下さい。

  • ヤリマンだと噂の女性
  • 誘われ慣れていないルックスの悪い女性
  • 風俗嬢

これらの女性なら、簡単にセックスまで持ち込めます。セックスに慣れるための相手としては、ぴったりな存在なので、精神的な部分が原因でペニスが硬くならない人は、是非試してみて下さい。

増大サプリを飲み血流を改善する

最も簡単にガチガチのペニスを手に入れられる方法がこちらです。増大サプリを飲むことで、ペニスの硬さを大幅に上げることが可能です。

増大サプリには、その名の通り増大に効果的な栄養素が豊富に含まれています。血流も良くできるので、先ほど紹介した海綿体にどんどん血液を送り込むこともできるでしょう。

また、増大サプリは、その手軽さも1つの魅力です。毎日決められた量を飲むだけでいいので、面倒な運動なども必要ありません。「チントレは面倒で続かない」という人でも、飲むだけなので継続できるでしょう。

楽に硬いペニスを手に入れたい人は、是非増大サプリを選んでみて下さい。

ちんこが硬くなれば自分も相手も気持ちいい!

ペニスの硬さはセックスの気持ち良さに比例します。硬いほうが男女どちらも気持ち良く、ふにゃふにゃではお互い満足できないでしょう。

満足いくセックスがしたいのなら、硬いペニスを目指して下さい。

ペニスの硬さに年齢は関係ありません。加齢によって硬さが失われたとしても、対策次第でまた若い頃のような硬さを手に入れることもできます。諦めてしまうと、若い頃のような気持ち良いセックスはできません。

この記事で紹介したペニスを硬くする方法を実践して、年を重ねても気持ち良いセックスができるようなガチガチのペニスを手に入れてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました